2014年07月25日

予備校

以下の情報を予備校選びに役立ててほしい。

河合

  1. 認定テストあるいは模試判定でクラス分け
  2. 開講チュートリアル
  3. 基礎シリーズ開講(4月中旬)
  4. 基礎シリーズ終了(7月上旬)
  5. 完成シリーズ開講(9月上旬)
  6. 完成シリーズ終了(11月下旬)
  7. 実践シリーズ(2週のみ)

・最初のクラス分けテスト(認定テスト)が簡単なため頭が悪くても上のクラスに入れてしまう。
(現役時代の模試で判定してもらうのが一番いい。背伸びは厳禁。 自分の力を見極めそれに見合ったクラスに入るほうが成績が伸びやすい。) ・一番上のクラス(麹町だとハイパー・プレミアム)は一年間クラス替えがない。 よって年に3回あるサクセスクリニック(学力診断テスト)に出なくともクラス替えはない。
・席が自由。
・毎週チュートリアルという朝会みたいなのがあるがそこでは出席番号順で座る。
・チューターが親身に相談にのってくれる。
・昼過ぎから開く予約制の質問部屋は重宝する。
・本郷校舎はSEGからいい講師が出張しているためかなり良い講師陣となっている。
・麹町もそのようなコース(プレミアム国公立大医進)があるが本郷に比べると講師が少し見劣りする。 ・数学などで講師の間である程度違いはあるものの、全体的にはある程度一貫した教え方をするため生徒が講師に左右される心配は少ない。
・本郷、麹町校者はかなりきれい。
アットホームな雰囲気で友達も作りやすく、快適な予備校ライフを送ることができる。

代ゼミ

  1. 模試あるいわ認定テストでクラス分け
  2. 開講前セミナー
  3. 一学期開講(4月中旬)
  4. 一学期終了(7月上旬)
  5. 二学期開始(9月上旬)
  6. 二学期終了(12月上旬)
  7. 三学期開始(1月中旬)
  8. 三学期終了(1月下旬)

・巷では落ち目の予備校といわれている。そのせいか人の数は少ないが悪いところは大して見つからない。
・単科ゼミというものがあり好きな講師の授業を受けたい場合や独自のカリキュラムを作りたい場合に重宝する。
・最近流行の映像が充実しているため、予備校の授業が終わったあともその時間帯に単科ゼミ(映像版)の講座を 組み込む人や、出られなかった授業を後で映像で受講する人もいる。
・良講師が多い。個性が強いため生徒が左右されやすいというデメリットも。
・とにかく授業数が多い。
・授業を休んでも何も言われないので日が経つにつれだらける人が多い。
・席が自由。
・クラス分けのテストで簡単にある程度の額を免除してもらうことができるのでかなり安くつく。
・模試の母体数が少ない。
・校舎に出入りする人の数が少ないため快適に座ることができる。
・本部校舎はきれい。
・ちゃんとしたクラスごとの集まりがないため友達を作りにくい。
・情報が少ない。
・代々木ライブラリーという受験参考書専門の本屋が併設されている。
決してだらけないまじめな人で自分で情報収集ができる人に向いている。

駿台

・市谷校舎は伝統がある。悪く言えば古いので校舎はきたない。(特にトイレ)
・席は固定性。


posted by igamo at 19:00 | TrackBack(0) | 予備校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。